メンズトレーニングカップでの治療方法

MEN’S TRAINING CUP(メンズトレーニングカップ)とは
不適切なマスターベーションを原因とする射精障害の治療に使うことのできるツールです。

治療の流れ(刺激漸減法)

刺激強度の異なる5種類のCUPで、腟内に近い環境での射精をトレーニングしていきます。

治療の流れ(刺激漸減法)
  • まずは02でマスターベーションし、射精できるか試してみましょう。
    *リハビリは無理なく、1日~数日に一回程度のペースで行いましょう。
  • 射精できた場合)⇒ 次のリハビリでは、一つ大きな番号を使いましょう。
    できなかった場合)⇒次のリハビリでは、同じ番号か一つ低い番号を使いましょう。
  • (2)をくり返し、段々と大きな番号(弱い刺激)で射精できるようにしていきましょう。
  • 04, 05で射精できるようになれば、腟内で射精できる可能性も高くなります。

【ご注意】

  • これは腟内射精障害向けのリハビリ方法です。早漏、遅漏のリハビリは、医師の指示に従って実施してください。
  • 腟内射精障害はこのリハビリだけでは治療できない可能性があり、カウンセリング等が必要になるケースもあります。
  • 本製品は使い捨てです。衛生面を考慮し、射精の有無にかかわらず反復使用はお控えください。
  • 製品の廃棄方法は、お住いの地域の指定方法に従い、プラスチックごみとして処分してください。

Dr.小堀の
ワンポイントアドバイス

腟内射精障害リハビリテーション
成功のためのコツ

一人で悩まず医師に相談しましょう

一人で悩まず
医師に相談しましょう

症状によって治療法は異なります。
医師と一緒に適切な治療法を選択しましょう。

焦らずじっくり治療に取り組みましょう

焦らずじっくり
治療に取り組みましょう

腟内射精障害は非常に治療が困難です。時間をかけ、自分のペースでリハビリしていきましょう。

パートナーにも協力してもらいましょう

パートナーにも
協力してもらいましょう

射精には心理的な要因も大きく影響します。パートナーと共に治療を進めることが大切です。

最後に

 腟内射精障害は男性不妊の原因として、近年増加傾向にあるといわれています。セックスはパートナーとの大切なコミュニケーションの1つですので、お互いに満足のいくセックスを実現することは、充実した関係を構築していく上でも大切なことです。

 腟内射精障害の原因は不適切な方法によるマスターベーションであることが多く、思春期から適切なマスターベーションを学ぶことが、予防には非常に重要です。

 また、治療は焦らないことが大切です。長年積み重ねたクセを改善するには根気がいります。まずはパートナーとお互いのことを受け入れながら少しずつ、適切な刺激での射精に慣らしていきましょう。

close